>  > ナチュラビセNatura BisseB シューティカル アイリカバリー バーム 【海外直送】

資料3       参考・木下是雄著『理科系の作文技術』中公新書

ナチュラビセNatura BisseB シューティカル アイリカバリー バーム 【海外直送】

1.準備作業

1-1 文書の役割の確認

 ・仕事の文書にはそれぞれの役割があり、機能がある。(p14)

 ・初心の執筆者にとっては、自分の書こうとする文書の役割を確認することが第一の前

    提である。(p15)

 ・相手(その文書を書かせようとしている人、および読者。この両者が同一人であるこ

    とも多い)は何を書かせたいのか、知りたいのかをとことんまで調べ上げ、考えぬく

    のが先決問題である。(p16)

1-2 主題の選定

 ・最初の問題になるのは、この一般的な課題の中で何を取り扱うか――主題をして何を

    えらぶか――である。(p17)

 ・「何を書け」という課題が細部にいたるまできちっと与えられている場合には、主

    題はそれによってきまってしまう。(p17)

 ・一つの文書は一つの主題に集中すべきものだ。(p18)

 ・書くことに慣れていない人は、誰が読むのかを考えずに書きはじめるきらいがある。

    読者は、手紙、

ナチュラビセNatura BisseB シューティカル アイリカバリー バーム 【海外直送】【爆発的な人気】

、答案・レポート、研究費申請書などの場合には特定の人(原則として

    ひとり)である。(p21)

 ・主題の選定、あるいはその主題に関して取り上げるべき材料の取捨にあたっては、読

    者が誰であり、その読者はどれだけの予備知識をもっているか、またその文書に何を

アイリカバリー シューティカル BisseB バーム 【海外直送】 ナチュラビセNatura 【海外直送】 シューティカル

    期待し 【送料無料】ラピデム トウキョウ アクティオンパック 〈パック〉 200g 【最安価格挑戦】、要求するだろうかを 【送料無料】GUCCI ギルティ オー ET/SP/75ml、十分に考慮しなければならない。(p21)

1-3 目標規程文

 ・主題をはっきりきめたら、次に、自分は何を目標としてその文書を書くのか、そこで

    何を主張しようとするのかを熟考して、それを一つの文にまとめて書いてみることを

    勧める。(p22)

[例]1 このレポートでは、ランダムな変動を考慮に入れても 【イッセイミヤケ】 ロ― マジュール ドゥ イッセイ (箱なし) オーデトワレ・スプレータイプ 100ml 【香水・フレグランス:フルボトル:メンズ・男性用】【ISSEY MIYAKE L’EAU MAJEURE D’ISSEY EAU DE TOILETTE SPRAY】、1970年代にはいってか

          らは春がくるのがおくれ、また春が寒くなりつつあることを示す。

[例]2 この報告は、「いま最も有望なあき罐利用法は、あき罐を、銅鉱山でバクテリ

          ア・リーチングによって鉱水から銅を回収する際に必要な鉄スクラップとして

          使うことだ」と主張するために書く。

 ・目標規程文は 、執筆の途中での材料の取捨選択に迷ったときにも判断をたすけてくれ

    るだろう。(p23)

 ・私のこの主張は、文章を書きはじめる前に結論を出せというに等しい。(p23)

 ・最初に書く目標規程文は、書き改める可能性のあるもの、筋の通った文章を書くため

    の一応の目標――と考えておくべきだろう。(p24)

1-4 材料あつめ

 (a)必要なことを書きおとす危険をへらし、

 (b)また補助材料を利用して表現を豊かにし、説得力を増す(p25)

 

2.文章の組立て

ナチュラビセNatura BisseB シューティカル セルケア アイリカバリー バーム 【海外直送】 プロシールド

2-1 記述の順序

 ・文章の構成のギリギリの要素は序論、本論、結びの三つだろう。(p34)

2-2 序論

 ・序論の使命は読者を本論にさそいこむ、読者が抵抗なく本論にはいっていけるように

    準備をととのえることにある。(p35)

 ・必要なのは 【正規品・送料無料】エスティローダー ピュア カラー エンヴィ ペイントオンリクイッドリップカラー(マット) 16ストレンジブルーム(7mL)+スキンケアセット、

  (a)読者が本論を読むべきか否かを敏速・的確に判断するための材料を示し、

  (b)また本論にかかる前に必要な予備知識を読者に提供する

  ことである。(p35)

 ・結論を先に書く(そしてあとでくりかえさない)方式をとるのでないかぎり、序論は

    みじかく、みじかくと心がけて書くべきものである。(p39)

2-3 文章の構成案のつくり方

 ・それは(文章の構成案をつくるのは)

  (a)目標規程文をにらみながら、

  (b)集めた材料とそれについての考察を、

  (c)記述の順序、文章の組立てについての原則論を念頭において、いちばんスッキ

          リと筋のとおったかたちに配列・構成する作業である。(p50)

 

3.パラグラフ

3-1 パラグラフのみたすべき条件

 ・パラグラフには 【期間限定ポイント最大20倍】アリミノ ケアトリコ シャンプー1000ml(詰替用) 1本+トリートメント 1000g(詰替用)1本 計2本セットARIMINO【送料無料】、そこで何について何を言おうとするのかを一口に、概論的に述べた

    文がふくまれるのが通例である。これをトピック・センテンスという。(p62)

 ・パラグラフにふくまれるその他の文は、

  (a)トピック・センテンスで要約して述べたことを具体的に、くわしく説明するも

          の(これを展開部の文という)か、あるいは

  (b)そのパラグラフと他のパラグラフとのつながりを示すもの

  でなければならない。(p62)

3-2 トピック・センテンス

 ・トピック・センテンスは、パラグラフの最初に書くのがたてまえである。(p64)

 ・トピック・センテンスは各パラグラフのエッセンスを述べたものだから、それを並べ

    れば文章ぜんたいの要約にならなければならないのだ。(p65)

 ・私は、こと仕事の文書に関するかぎり、

ナチュラビセNatura BisseB シューティカル アイリカバリー バーム 【海外直送】

、重点先行主義にしたがってトピック・センテ

    ンスを最初に書くことを原則とすべきだと考える。(p66)




エド ハーディ ED HARDY エド ハーディ ウィメン 200ml EDP SP 【香水】【商品】【ラッキーシール対応】 {yahoojp} {www2.ube-k.ac.jp}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-6005